ライブカメラ

筑後川(福岡県)の水位ライブカメラ映像2020!氾濫状況や最新情報(リアルタイム)をいち早く確認!

毎年、梅雨の時期や台風の季節になると多くの場所で川の水位が上昇し氾濫や決壊が原因で自然災害が発生します。

この記事では、筑後川の水位の最新情報をすぐに確認できるライブカメラの映像を見る方法と氾濫状況、最新情報をいち早く確認できるよう紹介します。

さらに、川の水位の上昇で氾濫や決壊が発生しそうな場合の準備しておくべきこと・モノや対処法についても併せて紹介していますのでぜひ参考になればと思います。




筑後川の氾濫に関する最新情報

2020年8月26日時点の情報

現時点では気象庁から何も発表はされていません。

発表され次第こちらに追記します。

>>気象庁の指定河川洪水警報はこちらから

画像出典:気象庁より

雨が降り続いている場合は以下の警戒レベルを確認し判断しましょう。できれば薄紫色のレベル4になる前に避難を完了させておくのが望ましいと言われています。

画像出典:気象庁より




内閣府が制作した豪雨に関する動画

内閣府防災チャンネルの動画より。

水害・土砂災害について、市町村が出す避難情報と、国や都道府県が出す防災気象情報を、5段階に整理しました。どのような際に情報が発令されるのかなど、水害編について、映像にまとめました。

筑後川の現在の水位状況

>>筑後川の現在の水位を今すぐ確認

筑後川のライブカメラ映像!リアルタイムの確認はココから

これがリアルタイム配信のライブカメラ映像になります。

試験配信中の動画なので映像が配信されてない場合もあります。その場合は以下のサイトからも別のライブカメラ映像を確認できるので参考にしてください。

筑後川のその他のライブカメラ映像

筑後川河川事務所のサイトで筑後川・矢部川の映像を確認

河川水位や河川ライブカメラ




筑後川のTwitter最新情報

筑後川の河川情報を公式に発信しているTwitterアカウントのみを紹介します。

筑後川周辺で豪雨や台風など原因で氾濫や決壊が発生した時の対策

大雨が降る梅雨の時期や台風などが発生して近くを通過する場合は、テレビやラジオの情報を正確に確認することが大切です。

自分は大丈夫とは言わず、思わず警戒レベル4になる前に早めの避難をしておくことが大切です。

警報レベルが3に達した時点で速やかに避難を始めましょう。特に川の近く、土砂崩れが起こりそうな地域にお住まいの方は早めに避難することが自分自身の命を守ることにつながります。

自然災害が発生する前に家で準備しておくべきこと・道具

いつ何時発生する可能性がある自然災害ですが、事前に準備しておくことで緊急事態の際でも安心して避難することができるようになります。

ココでは避難する時などにあると便利な道具を全て紹介しておきます。紹介する道具を最低限準備しておけば不測の事態にも困らなくなります。

  • ヘルメット・防災頭巾(折りたたみ式のヘルメットだと尚いい)
  • ホイッスル(防災用であれば特に人の耳に届きやすいモノだといい)
  • 保存食・非常食(水を入れるだけで食べられるモノ、乾パン、パンの缶詰など)
  • お菓子(あるとストレスもたまりづらい)
  • ポリタンク
  • 水(1人1日2リットル)
  • 非常用食器(耐水性のもの)
  • 持ち運び浄水器(ソーヤーミニ:約38万リットル可能とのこと)
  • 非常用トイレキット
  • 消臭ロール(非常時は流せない可能性もあるため)
  • おふろですよ(ウエットシート)
  • ドライシャンプー
  • ローリーブラッシュ(水・歯磨き粉なしで清潔にできる特殊歯ブラシ)
  • LED懐中電灯(ランタンになるものだといい、乾電池式)
  • ソーラーパネルランタン
  • 携帯ラジオ
  • 懐中電灯用・ラジオ用電池
  • アルミ製保温シート
  • カプセルテント(着替えやプライベート空間確保のために便利)
  • 発電機・蓄電池(携帯・スマホの充電などに便利、ガスボンベ式の発電機もある)
  • ビニール袋(様々な用途あり。)
  • 紙の地図
  • 傷薬・絆創膏
  • 携帯扇風機

個別の購入する場合は大変だという人はセットで購入するのもあり。

アマゾンや楽天などでも防災セットとして販売しているのでそちらを購入してもいいかと思います。しかし、注意して欲しいのは評価をみてしっかりと購入することです。

>>Amazonで防災グッズを探す

>>楽天で防災グッズを探す

貴重品などはできるだけひとまとめに管理しておくとベストかもしれません。私の家では2つの袋に通帳や印鑑などをまとめて保管しています。

ただし、空き巣などの被害も心配なのでおく場所には注意したいところです。

その他台風災害最新情報